製品情報

Home > 製品情報 > 業界別検索 > 食品 > 脱水・洗浄 > BOKELA DYNO(ダイノ)フィルター

BOKELA DYNO(ダイノ)フィルター / 分級ろ過

DYNO(ダイノ)フィルター
製造:BOKELA[ドイツ]

DYNOフィルターによる、ダイナミック式分級ろ過は、非常に微細な粒子を含む高粘度・高濃度スラリーや分散系から粗粒を連続的に分離させる新しいプロセスです。
クローズドシステムにおいて高処理量で連続運転することができます。粗粒側保持液の量を非常に少なくできるので、製品となる粗粒とともに残る液体、または微粒成分のロスを抑えることができます。

メーカーサイト  

概要

DYNO分級フィルターでは、DYNO膜ろ過フィルターと同じく、モジュール式構造で、ダイナミック式クロスフローろ過の原理を採用しています。微細粒子は母液とともに分級網を通過する一方、網を通過しない粗粒はフィルターモジュールチャンバーに沿って濃縮され、高濃縮保持液としてバルブから排出されます。


特長

高濃度・高粘度スラリーや分散系の原液から、粗粒成分を分離させることができます。

* 最小分級ポイントは5ミクロン
* 高濃度製品を処理可能
* 粘性・チキソトロピー性製品でも処理可能
* 粗粒を高濃度に濃縮可能、製品ロスが非常に少ない
* 連続運転
* 密閉システム
* 自動洗浄機能
* 分級運転中は冷却もしくは加熱が可能
* 分級運転は空気と非接触
* 分級ろ過とケーキ洗浄が1台のユニットで可能

適用例

DYNO分級フィルターの典型的なアプリケーションは下記のような製品となります。

* 酸化チタン、炭酸カルシウム、カオリン等の白色顔料
* 炭酸バリウム、炭化ケイ素等のファインミネラル
* ポリマー分散系
* チョコレート、カカオバター、マヨネーズ等の食品エマルジョン・分散系
* コロイドミルやボールミル等の粉砕プロセスの後段工程、など


装置仕様

* フィルター面積: 0.013 m2 - 12 m2
* モジュール数: 1 - 12
* モジュール径: 145 - 550 mm
* 運転圧力: 0.1 - 6 bar
* 分級メディアクリーニング: 短時間の循環式逆洗
* 密閉シール構造、防爆仕様システム
* 自動自己洗浄プロセス
* 最高プロセス温度: 100℃(特定アプリケーションでは最高200℃)



お問合せ先 粉体二部 第二グループ
  TEL:03-5472-1736 FAX:03-5472-1730
お問い合わせはこちら

ページトップへ

製品情報