製品情報

Home > 製品情報 > 業界別検索 > 食品 > 乳化・分散・攪拌 > 乳化分散機:マイルダー

乳化分散機:マイルダー

マイルダーMDN型
製造:大平洋機工株式会社[日本]

マイルダーはインライン型の乳化分散機で、バッチ処理のみならず連続処理が可能です。このため処理の高速化が得られ、乳化・分散・懸濁・溶解の幅広い用途にご使用可能です。
当社は乳化分散機マイルダーMDN型の総代理店です。

   

特長

乳化分散機マイルダー

・ ローター・ステーターによりシェアを掛けることで高度の乳化・分散が可能
・ ローター・ステーターの種類は変更ができ、乳化・分散の強度を調整できる
・ 研究開発用(200L/hr)から大型機MDN223(60ton/hr)まで広範囲のラインナップ
・ 接液部はSUS316、CIP洗浄可能
・ダブルメカニカルシールを採用(シングルメカニカルシールへも変更可能)

ローター・ステーター

ローター・ステーター

ローター・ステーターは標準で3段装備されており、2段、1段へと変更することができます。
さらに歯の細かさが異なる4種類のローター・ステーター(G/M/F/SF)を取り揃えております。
歯の組合せ + 段数を変更することで、目的の処理に合わせてご使用頂けます。

用途

・ 食品(還元乳、マヨネーズ、乳飲料、ピックル溶液、マーガリン、ドレッシング、豆腐等)
・ 化学品(重合、重合トナー、接着剤、塗料、ゴム、マイクロカプセル、インク等)
・ 化粧品(シャンプー、リンス、クリーム、練り歯磨き、マニュキア、フォーミングクリーム等)
・ 製紙(コーティング液、感圧紙、サイジング剤等)
・ 医薬品(錠剤のコーティング液、軟膏、シロップ等)

研究開発用

MDN303V(研究用途向け)

・研究開発用途のラボ機としてMDN303Vをラインナップ
-小型タンク、コントロール盤が標準で附属
-少量サンプルの作成に最適
-生産機へのスケールアップが容易
-ラボサイズながら最大で200L/hの処理量

仕様

分解図
               
    処理量
(L/h)
粘度
 (mPa・S)
動力
(kW)
寸法A
 (mm)
寸法B
 (mm)
 
  MDN303V 200 20,000 1.5 383 195  
  MDN304 1,200 20,000 3.7 797 375  
  MDN306 2,200 20,000 5.5 908 386  
  MDN307 3,200 20,000 7.5 904 442  
  MDN310 9,200 20,000 15 1,140 539  
  MDN313 15,000 20,000 30 1,650 590  
               

オプション

二重混合管台車
               
  ・二重混合管

ローター・ステーターの直前で2液を混合させて、分散処理が可能です。
・キャスター付き台車

移動式のマイルダーなら作業する場所を選びません。
制御盤を収納できます。
         
               
お問合せ先 粉体部門
  東京本社
TEL:03-5472-1731 FAX:03-5472-1730
大阪支店
TEL:06-6372-4444 FAX:06-6375-0434
名古屋支店
TEL:052-238-1331 FAX:052-238-1332
九州営業所
TEL:092-710-0900 FAX:092-431-9957
お問い合わせはこちら

ページトップへ

製品情報