製品情報

Home > 製品情報 > 業界別検索 > 鉄・非鉄金属 > 真空溶解・鋳造・熱処理/ALD Vacuum Technologies > 真空誘導スカル溶解炉 CCIM・Leicomelt

真空誘導スカル溶解炉 CCIM・Leicomelt

真空誘導スカル溶解炉 CCIM・Leicomelt
製造:ALD Vacuum Technologies GmbH[ドイツ]

セラミック耐火材を用いずに、水冷銅ルツボを用いて材料を誘導溶解するため、耐火物からのコンタミがありません。チタン等の反応性材料の溶解に適しています。

メーカーサイト  

特長

ALD社の誘導スカル溶解炉(商品名LEICOMELTライコメルト)は特殊な水冷銅セグメントで構成されるるつぼを使用しており、耐火材=セラミックは使用されていません。溶解中はいわゆる浮遊溶解に近い状態で、傾転出湯時に溶解磁場が無くなった状態では、水冷銅表面に形成されるスカルによって、出湯金属の清浄度は最高レベルに保たれます。Ti、Zr等の活性度の高い金属の溶解に向いており、Ni、Coベースの合金製造にも用いられます。
るつぼ内に残るスカルは挿入材料重量の8%程度と少量です。
50リッターるつぼでは、スーパーアロイで420kgのチャージが可能な大型炉を提供できます。

真空誘導スカル溶解炉 CCIM、Leicomelt
真空誘導スカル溶解炉 CCIM、Leicomelt
お問合せ先 産機一部 マテリアルプロセスグループ
  TEL:03-5472-1745 FAX:03-5472-1740
お問い合わせはこちら

ページトップへ

製品情報